賃貸にもペットが飼えるようにする必要性が今後でてきます

現在賃貸住宅でペットが飼えるところというのは、それほど多くありません。これほど身近になったペットであるのにも関わらず、その中でも特に犬や猫というのは、日本人の家族で4世帯に1世帯が飼っている計算になるくらいに飼っているのです。その飼われているうち、犬についてはプードルが1位になっており2位にチワワ3位にミニチュアダックスフンドというようになっているようです。どの犬も小型犬という部類になっており、日本の住まいでは、やはり小型犬であり室内で飼っている家族が多いようです。そのため、賃貸住宅においても年々その要求が強くなってきているために差別化して建てることでペットも飼うことができる賃貸ということで始めるとその入居率はかなり今のところはいいという結果が出ています。それだけ近年に見られるペットブームというのが浸透してきているということなのでしょう。このようなデータに基づいた結果から、今後の賃貸系の建物を建てる場合にはペットの対応も忘れずに入れておくべきなのです。